×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

すれ違い広場

「すれちがいMii広場」には、街中ですれ違ったMiiのほか、通信プレイで出会ったMiiも集まってきます。ゲーム抜きで人間同士だと、毎日同じ電車に乗り合わす顔見知りだからといって、声をかけるのは相当な勇気がいります。
3D映像を使ったゲーム、3DSは特に、目への負担が大きいようです。3D映像は、左右の目に映る映像が異なることによって、ユーザーが立体的な映像でゲームを楽しむことができる訳です。任天堂は、健康的で快適な3Dゲームコンテンツ開発の研究を継続して進めていますし、極端に疲れを引き起こしやすい映像は避けてゲームの制作を行っています。
そんな年代の方々が、この「脳トレ」に関しては、やってらっしゃる方が多くて、びっくりしてしまいます。しかし、そんな方が少なくないのでしょう。
そして、おもしろいのが、さまざまな撮影機能です。・「ピンホールカメラ」は、小さな穴からのぞいたように、写真のまわりが暗くなります。このように、特殊なモードで写真を撮ることで、おもしろいユニークな写真が撮れたり、プリクラのようにかわいくアレンジできたり、アートのような独特な雰囲気の写真を撮ることもできます。
カラーバリエーションは、レッド×ブラック(RED×BLACK)、シルバー×ブラック(SILVER×BLACK)、ホワイト(WHITE)の3色だそうです。それは、サイズが大きくなったという点です。ニンテンドー3DS LLと同時発売されたニンテンドー3DS対応ソフトウェア「New スーパーマリオブラザーズ2」と「東北大学加齢医学研究所、川島隆太教授監修、ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング」。
皆さんも一度はプレイしたことあるのではないでしょうか?国民的に人気のゲームといえば、やはり「マリオ」ですよね。冒険の舞台となるのは、砂漠や水中、雪原や雲の上など、バラエティに富んだステージばかり。マリオの魅力は、昔からゲームの基本は変わらないしシンプルなのに、新たな追加機能などが楽しく、プレイヤーを飽きさせないところではないでしょうか。
特に、小さいお子さんが3DSで遊ばれる際には、お子さんの親御様に向けた注意点も書かれています。大人が楽しむ時は、3D。6歳以下のお子様が『ニンテンドー3DS』で遊ばれる際には、「保護者による使用制限機能」を活用しましょう。